into the border

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< ただいま | TOP | 櫛田神社裏の路地 >>

2017.01.23 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | - | - |
2011.02.08 Tuesday

櫛田神社・おたふく・節分

 写真は博多鎮守・櫛田神社。
仕事上がりのラーメンをどこで食おうかとうろついていたら行きついて、
そのおたふく振りに息が止まった。

黄昏時だったこともあって現実味が薄く、見入ってしまった。

アップもどうぞ。口の中に拝殿が見える。

裏側はこう。
小さい方の鳥居もちゃんとお多福になっている。

顔つきが違うのは奉納する人が違うせいだろうか。

櫛田神社はクシナダヒメを祭っているのだろうと思っていたらそうではなく、
櫛田大神という神様を祭っているとのこと。

わきにスサノヲが祭られているのでクシナダヒメに近い神様なのかもしれない。

東長寺の山門脇にも大きなお多福の看板が掛けられていたし、
香椎宮にも櫛田神社と同様のお多福の準備がされていた。



おたふくと節分の関わりは、少なくとも博多では定番のようだ。
何故なんだろう。まずは分布を知りたいところだ。

おたふく・おかめの起源は巫女の起こりでもあるアマノウズメと言われている。
節分の起源に関しては追儺であることに疑いはないだろう。

岐の神的な性格の強いアマノウズメに、穢れを追う性格の強い追儺。
岐の神で穢れを払うと聞くと、どんど焼きが思い浮かぶ。

トイレに入ったら手を洗うのと同じで、節目になれば清めるのは自然なことだ。

最後は櫛田神社の猫で締め。
若い女性にたっぷり餌をもらってました。


【さかいめの記事一覧】
http://kotori4126.jugem.jp/?eid=174

2017.01.23 Monday

スポンサーサイト


22:59 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kotori4126.jugem.jp/trackback/72

トラックバック

▲top