into the border

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< すこし | TOP | ただいま >>

2017.01.23 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | - | - |
2011.01.24 Monday

円筒分水サミットと「もなか円筒分水」

 土曜に溝の口で「第一回円筒分水サミット」が行われた。
近所に住んでいるので勇んで出かけると定員300人の会場は
立ち見が出始めている状態。盛況だ。

立ちを覚悟しているとイスの追加があり、無事に座ることができた。

始まってみると円筒分水というジャンルの立役者である金山氏による
基調講演はよく準備されておりとても面白かったが、
他の報告は円筒分水自体に触れることが少なく、やや物足りない印象だ。

集まりの本筋は「円筒分水をこれからの地域社会にどう活用していくか」ということのようで、
円筒分水を知ったばかりで、ただそれを見たい、情報を知りたいだけの私には
あまり興味の持てない話が多かったというのが正直なところだ。

ただ、現在に至るまで多くの円筒分水が健在なのは、
こうした地元の人たちの努力によるものなのだということは忘れてはならないだろう。


会場には地元、高津区の商品を販売するコーナーが設けられていたのだが、
その中に「青柳」という和菓子屋さんの「もなか円筒分水」という商品があったので紹介したいと思う。

写真はちょうど一週間前に店舗で買ったもの。
久地駅近く「青柳」という和菓子屋さんだ。

味は三種類。「栗小倉」「こしあん」「抹茶」。

開けてみるとこんな感じ。デザイン的に選択の余地はなかったと思われる。

上段がこしあん、下段左が栗小倉で、右が抹茶。

どれも甘さ控えめで食べやすいのだが特においしいのが抹茶。
しっとりまろやかというやつで、そんなに抹茶好きでもない私でもおいしく頂けた。

久地円筒分水見物にはとても良いお供になるのではないだろうか。


3/7追記:円筒分水サミットの基調講演を行った金山氏の名前を、間違えた名前で
       記述していました。御本人からの指摘を受け、遅まきながら訂正させていただきました。
            失礼しました。


2017.01.23 Monday

スポンサーサイト


21:12 | - | - | - | - | - |

コメント

こんにちわ。kotori4126さま。
先日は円筒分水サミットにお越しいただきありがとうございました。
私も各土地改良区の方々からもう少しコアな話が聴けるものと期待していましたが、ちょっと不完全燃焼な感がありました。仕方のないことですが。
あと、登壇させていただいたのは金子ではなく、私「金山」ですので、これからもご承知置きいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。
2011/01/26 8:25 AM by 金山
返事が非常に遅くなり、申し訳ありません。
さらには名前を間違えて記事にしてしまっていたことも重ねてお詫びいたします。遅まきながら訂正させて頂きました。失礼しました。

HP大変参考にさせてもらっています。どこかの円筒分水に立ち寄った際はまた記事にしたいと思います。

2011/03/07 7:28 PM by kotori4126

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kotori4126.jugem.jp/trackback/69

トラックバック

▲top