into the border

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 両総用水 東金円筒分水工 | TOP | 千葉県君津市宿原 三島神社の石棒 >>

2017.01.23 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | - | - |
2015.02.09 Monday

神津島の庚申堂

神津島の案内図などに載っている神社は道が荒れていて到達が難しいことがあります。
例)神津島の秋葉神社と愛宕神社 http://kotori4126.jugem.jp/?eid=249

昨年の神津島訪問時に、まだ行ったことのない物忌奈命神社の裏山にある庚申堂に向かってみました。観光案内所の話ではもしかしたら道が悪くなっているかもしれないとのことでしたが、細道を辿って庚申堂にすんなりたどり着くことができました。
下の画像はGPSのログなどを元に庚申堂までの道を新規追加して昨年秋に公開した神津島マップの一部です。


神津島酒造脇の石段を上り、森の中の道を登っていくとあっという間に庚申堂が見えてきます。


庚申堂のすぐ裏手には本殿のように石祠がありました。中に鏡が置いてあるようです。


庚申堂の脇には破損した「庚申堂(御殿山)」の標柱が置いてありました。この表現は観光協会の案内図でも見覚えがあります。

道は庚申堂の前を過ぎてすぐ駐在所方面に下っていきそうな道と、物忌奈命神社の方へ下っていきそうな道に分かれていましたが、この時は時間が無くて追いかけることができませんでした。庚申堂裏の稜線にも道があるようですし、以前歩いた庵屋堂へ向かう峠にも沢山の踏み跡が集まってきていました。一度この周辺の山道は確認しておきたい所です。


【神津島関連記事一覧】
http://kotori4126.jugem.jp/?eid=317





2017.01.23 Monday

スポンサーサイト


19:28 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kotori4126.jugem.jp/trackback/334

トラックバック

▲top