into the border

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 大館市粕田字粕田のニンギョウ様 | TOP | SUREFIRE(シュアファイア)6P旧型モデルの乱暴なLED化 pellor 98DF?のT6バルブを入れてみる >>

2017.01.23 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | - | - |
2014.06.09 Monday

pellor 98DF?にUltraFireのバルブを入れてみる

まずはっきり断っておきたいが、ここに書いてあることを真似しても記事通りの結果が得られないどころか、手持ちの機器を破損する可能性があるということ。真似する人もいないと思うけど、一応書いておく。

 pellor 98DFは、以前も記事にした水中ライトで、正式名称が分からないので箱の裏に書いてあった品番らしき「98DF」を仮称として使っている。正直、pellor製品かどうかも分からない。ともあれこのライト、バルブ部分が取り外し可能だ。

この部分に、UltraFire502bに付いてきたXML-U2ドロップインモジュールを入れてみようと思う。


上がUltraFire502b付属のXML-U2バルブで、下がpellor 98DFのXML-T6バルブだ。バルブ付属のバネ部分をそれぞれ外して、UltraFireのXML-U2バルブにpellor 98DFのバルブに付いてきた大きなバネを嵌めて(これが嵌まる)、締めてみる。


締めてみるが、ここまでしか入らない。防水性はかなり下がるだろう。ちなみにリフレクターの直径はUltraFireの方が気持ち大きいため、リフレクター周縁部が痛む可能性がある。

電池を入れて、通電させてみるとちゃんと点灯した。

左がpellor 98DFにUltraFireのXML-U2バルブを入れたもの。
右がUltraFire 502bで同バルブを点灯したもの。
違いは感じられない。

乱暴な使い方だし、こうやって使うメリットはない気がするけど、pellor 98DFにUltraFireのP60互換ドロップインモジュールが一応入るということを覚えておこうと思う。

※ちなみに、502bにpellor 98DF付属のXML-T6バルブを入れても点灯しない。通電するように加工する必要がありそうだ。




新しいLEDを組み込んだP60互換バルブ。UltraFireやSUREFIREのボディには適合する。
全てにおいてSUREFIRE 6Pと互換性があるといっていい便利なライト。ボディは18650サイズだが、間のパーツを抜き取ることで16340や18350で稼働させることが可能。
タクティカルライトの王道。
6Pと互換性があるのはスイッチだけで、しかも6PのスイッチをP12で使うことは事はできないが、すんなりしたボディが気に入っている。
P60互換バルブを交換できるライトでは入門編に良い。

2017.01.23 Monday

スポンサーサイト


22:24 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kotori4126.jugem.jp/trackback/298

トラックバック

▲top