into the border

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 桜田門のうわさ | TOP | 三つの階段 >>

2014.03.18 Tuesday

ジャパンスネークセンターで蛇料理を頂く


 日本の蛇研究の聖地にして群馬県屈指のB級スポットの呼び声高い、蛇センターで蛇料理を食べてきました。まず上が「マムシの姿焼き・松」¥4000。塩とタレが選べるんですが、味が分かりやすいとのことで塩を選びました。筋肉だらけの生き物らしくやや硬いですが、おいしくいけます。


これが蛇の唐揚げ¥1050。こっちはしっかり味が付いていてご飯が進む系です。


おまけで出してくれたレバーの揚げ物。これが一番おいしかったです。臭みは一切無し(これは上の二品にも言えます)。しかも柔らかく、味わい深いです。しかし料理の撮り方が一緒で恥ずかしい。

ここのマスターが気前のいい方で、マムシ酒やシマヘビの生き血を酒で割ったものなどをどんどん出してくれます(そして自分でもガンガン飲みます)。シマヘビをさばくところも間近で見せてくれたり、シマヘビを触らせてくれたりと、とても良くして頂きました。毒蛇に咬まれた時の話など、興味深い話も面白く聞かせてくれます。

蛇センター自体も期待以上に勉強になる場所でした。特に毒蛇に対する知識をしっかりとコンパクトに学べるのは大きいと思います。そして蛇たちがやけにかわいい。特にヤマカガシの子蛇のかわいいことと言ったらなかったです。

2017.10.24 Tuesday

スポンサーサイト


21:30 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kotori4126.jugem.jp/trackback/282

トラックバック

▲top