into the border

<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< おにぎりシュート | TOP | 関東地方の交通安全ステッカー >>

2019.08.27 Tuesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | - | - |
2014.03.03 Monday

赤い丘


 写真は思いっきり雪景色でアレですが、最近は春の気配が濃厚で落ち着きません。寒いときは少し体を動かすだけで喘息気味になってしまうことも多いんですが、ここ2週くらいはその気配もありません。湿度と温度がキーのようなので、その両者が高くなっていることの表れだと思います。同じ理由だと思いますが、冬だと恐ろしくシャープに見える景色も、すっかり淡く角の取れた風景になってきています。


 ロシアのウクライナ侵攻があまりにもあっさりと実現しています。クリミアがロシアの支配下に置かれた現在、クリミア・タタールをはじめ、少数派はかなり厳しい状況です。ロシア系住民が半数以上を占めるクリミア半島だけでなく、ウクライナ全体を支配下に置くのがプーチンの狙いのようです。クリミアの帰属はどうなるかわかりませんが、ウクライナにロシアの傀儡政権を作って撤退するのが目的のように思えます。軍事的衝突が起きるかどうかはまだ不透明ですが、思い通りにならなければ締め付けを強めてウクライナ政府側から先に手を出させるか、場合によってはリャザン事件のような怪しい出来事によって戦端が開かれるようなことが起こりえます。ウクライナ政府内も安定とは程遠いようで、かなり危険な武闘派が政権を握っているという報道もあり、ウクライナ政権支配地域でも少数民族に対する抑圧が強まっているようです。
北京オリンピックの時のグルジアや、最近のシリアのことで、プーチンは確信を持って行動しているように見えます。

LGBTに対するあからさまな差別・抑圧政策や、ソチの血の歴史を封殺したかのような五輪は、ナチスドイツの時のベルリン五輪のような語られ方をするようになるでしょう。オリンピックは積もり積もった欺瞞、もはや腐敗といえますが、それを解く必要があります。

 
ロシア 語られない戦争 チェチェンゲリラ従軍記 (アスキー新書 71)
常岡 浩介
アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 100,847
 
旅行人163号特集コーカサス〜アゼルバイジャン+アルメニア+グルジア
蔵前 仁一 石井 光太 渡邉 義孝 松尾 よしたか 田中 真知
旅行人

特集の「失われた楽園 クリミア」はクリミアに住む人たちの意識をうまく描いています。webでも閲覧可能です。
NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2011年 04月号 [雑誌]

日経ナショナルジオグラフィック社 (2011-03-30)

 

2019.08.27 Tuesday

スポンサーサイト


21:58 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

▲top