into the border

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 日向薬師-梅ノ木尾根-大山(前) | TOP | 霧を通す >>

2017.01.23 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | - | - |
2014.01.28 Tuesday

日向薬師-梅ノ木尾根-大山(後)

 日向薬師から梅ノ木尾根を通って大山まで、前編では日向薬師から大沢分岐まででした。


日向薬師方面から大沢分岐に至ったところ。ここを左、大山方面に向かいます。


日向キャンプ場への分岐。


道標が木に打ち付けられていました。この道標も大山方面を無視してます。


きつい登りを越えると、あっけなく大山-不動尻のルートに合流できました。


ロープが張ってありますが、道標の柱にも梅ノ木尾根と書いてあります。
大沢分岐からは北側斜面に雪がついていることもあり、多少雪を踏むこともありましたが、アイゼンが必要と思われる場面はありませんでした。ここまで誰にも会うことはありませんでしたし、私はいいルートだと思います。



ここからの踏み跡は間違えようがありません。


一部に積雪があったのでここにきて軽アイゼンをようやく使いましたが、雷ノ峰尾根との合流手前から頂上までの道は泥だらけでした。


大山頂上に到着。出発してから7時間弱です。頂上は人が多いので早々に下り始めます。


展望は最高です。江の島から三浦、房総半島まで。


さらには真鶴、伊豆半島まで見渡せました。



富士山もちらり。



天狗の鼻突き岩などを見ながら一気に下山、女坂経由で大山寺にも立ち寄りました。


各地の講中の玉垣に囲まれた先達の宿坊街を通り抜けます。意外と早く降りてこられたので神社などに寄り道をしながら帰ったので、この日は合計で20kmちょっと歩いてしまいました。おかげで今はひどい筋肉痛です。

 
東丹沢登山詳細図
東丹沢登山詳細図
posted with amazlet at 14.01.27
作成・解説:守屋益男(日本勤労者山岳連盟顧問)・守屋二郎
吉備人出版
売り上げランキング: 245,014


 

2017.01.23 Monday

スポンサーサイト


20:21 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kotori4126.jugem.jp/trackback/271

トラックバック

▲top