into the border

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 丸金商店の赤イカの塩辛 | TOP | 飛行船 >>

2013.10.08 Tuesday

交通安全ステッカーを貼る場所

 寺社のステッカーはどこに貼るのが正解なんでしょうか。
このことについて考えてみましたが、少し長くなりそうなので、車に貼る場合の結論だけ、 先に書いておこうと思います。

車に交通安全ステッカーを貼る場所として一番無難なのは
「後部のガラス部分(そうでなくとも高い位置)」です。


2014/9/30追記:但し、例外として白い反射素材を使ったものは自動車に貼らない方がよさそうです。
(白い反射素材の話は一番下で補足したいと思います。)

興味ある方は以下、本文にお付き合い下さい。
****************************************************

 交通安全ステッカーを貼ろうと考えた時に、 何か正しい貼り方があるのではないかと疑問を持つ人が少なからずいるようです。 神仏を奉る人たちからすれば、お札やお守りは神様や仏様の分身ですから、 たとえ信心は薄くてもそういった人たちの気持ちを大事にしてステッカーも取り扱いたいものです。

ある神社の千社札ステッカーの台紙にあった記述。素材こそ他のシールと同じでも、神様の分霊という考えがはっきりと出ています。


 交通安全ステッカーを受け取る時、どこに貼るべきかを指示されることはまずありません。 まれに、「一年たったら新しいものと変えてください」と教えられることがある程度です。 私は九州の神社で「腰から上の高さに貼って下さい。」と言われたことがありますが、 貼る場所について指示されたのはこの一度だけです。
ただし、ステッカーと一緒に小さな説明書きが入っていたり、 台紙に取り扱いが書いてあったりするのはよくあることで、 以下の画像はそういった説明書きを集めてみたものです。ちょっと見にくい点はご勘弁を。

自動車後部とはっきり言及するものが多いですが、中には「後続車からよく見える所」と後部を示唆するに留める表現もあります。




貼る場所として自動車としか書いていないものや、自動車以外の場所が書いてあるものも時々見られます。


これらを見てみると「〜に貼ってはいけない」と書いてあるものは一枚もありませんでした。逆に、自動車の後部、さらには後部のガラス部分に貼るように指定するものは多くあります。
後部を指定するのはステッカーが追突防止の反射シールを兼ねることが多いからだと思われます。ガラス部分を推すのはお札を貼るときの原則、「高い場所に祀る」に従っているからでしょう。

こうした説明書きや今まで受けた指示、お札の祀り方などをまとめると、交通安全シールを車に貼る場合は「後部のガラス部分(そうでなくとも高い位置)」に 貼るのが最も無難だと思われます。 ただ、祀るのが高い位置であれば、貼っても貼らなくても(車外でも車内でも)問題は無いと思います。

バイクや自転車の場合はというと、貼る場所がどうしても低めの位置になりがちなせいか、自転車・オートバイといった大まかな表現の他に、細かい場所だとヘルメットを勧める記述が見られます。


 最後に、交通安全ステッカーとは違いますが、車の前方に授与品を祀る例を二つ挙げておこうと思います。

これはある島で何台か見た、お札をフロントに貼りつけている車です。 他の車だと、ガムテープでかなり荒々しく貼ってある車もありました。

島の人たちの参拝が絶えることのない美しいお寺がその島にはあるんですが、 お札はその寺院の百万遍のお札で、念仏が書いてあります。

これは金毘羅さんの交通安全エムブレムの台紙に書いてある取り付け方法です。 

これは構造的に前部に取り付けるように作られているので当然だとは思いますが、前に向かって貼るよう指示しているものは他に無いので紹介しておきます。

2014/1/6追記:フロントガラスは車検・点検のステッカー以外は貼ってはいけません。サイドガラスについても、運転席+助手席部分への貼り付けは禁じられています。ご注意ください。(追記ここまで)

 別の記事にも書きましたが、個々の寺社によってステッカーの扱いにはかなりの差があります。お札と同じように恭しく扱う所もあれば、売れない土産物のように雑に扱われていることもあります。ステッカーなんてどこに貼ったっていいよ、という所も正直ありそうです。そういった曖昧さ、決まりのなさが寺社ステッカーの面白みの一つなんですが、まとめようとするとただの情報の羅列になってしまうのが、難しい所です。細かいところは随時訂正していくつもりです。

2014/9/30追記:後部ガラスには原則としてはどんなステッカーであっても貼付可能ですが、「道路運送車両の保安基準」第42条の細目告示によると「反射光の色が白色である反射器であって後方に表示するものを備えてはならない」とあります。白い反射材のステッカーとして写真を見てみると深川不動の通学安全ステッカーがありました。

通常の白いステッカーではなく、白い反射材が使われています。通学安全ということでおそらくランドセルなどに貼り付けることを想定して作られているステッカーですが、これを自動車に貼り付けてしまうとまずいということです。抜け道的な手段があるかも知れませんが、白い反射素材は前部はもちろんのこと、側面にも貼り付けるのは難しそうです。さらに言うと、プリズム(キラキラ)加工されたものなどはどうなのかという疑問が湧いてきます。やっぱりまた警察に聞きにいくことになりそうです。(なかむらさんからのご指摘に感謝です。)

道路運送車両の保安基準 http://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_fr7_000007.html


【交通安全ステッカーの記事一覧】
http://kotori4126.jugem.jp/?eid=173


2017.09.11 Monday

スポンサーサイト


22:39 | - | - | - | - | - |

コメント

車の後部に貼ってはいけない場所と色が法律だか何だかで決まっているそうですので興味があれば調べてみてください。
2014/02/25 10:06 AM by なかむらまさのり
なかむらまさのりさん、こんばんは。

情報ありがとうございます。
後部は完全フリーだと思っていました。一度警察に行って聞いてみようかと。調べたら追記するつもりです。
2014/03/04 7:12 PM by kotori4126

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kotori4126.jugem.jp/trackback/255

トラックバック

▲top