into the border

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 神津島の集落・道祖神マップ | TOP | 神津島の和菓子屋さん「中豊商店」 >>

2013.09.10 Tuesday

神津島の秋葉神社と愛宕神社

 神津島観光協会の村内マップを見てみると、集落から山側に秋葉神社と愛宕神社が記載されています。それぞれの説明文を引用します。

秋葉神社
”村落東縁の小高い上の山の中腹にあり、村が一望できる。島民からは「あきら様」と呼ばれ親しまれている。”

愛宕神社
”村落の東を画す山裾・神津小学校の上部にある小さな社の跡(地震による被害を受け、社は壊れている)。祭神は定かでなく、現在は参拝する人の姿はあまりない。明治40(1909)年の大雨による大水害あった当日の深夜、与種神社やこの愛宕神社周辺で「坂は照る照る東は曇る、やがて此の地は水となる」という「声」が聞こえたという。現代風に解釈すれば、鉄砲水などで地形の変化が起きるときに地形の「きしみ」ともいえる金属的な音を発するという。その音が後世「雨の神津は水が出る」という声として語られたと考えられる。ここは村落を望む格好な展望台でもある。”

秋葉神社の案内はシンプルなものですが、愛宕神社の記述は結構面白いと思います。もしかしたら現在の小学校あたりは地滑り後の地形なのかもしれません。

 まずは秋葉神社に行ってみようと、軽い気持ちでそれらしき階段を登ってみますが、ものすごい藪と蜘蛛の巣に阻まれ、断念しました。

写真だと行けそうに見えますが、ちょっと普段着で行ける感じではないです。

それではと愛宕神社に向かいますが、こちらは秋葉神社以上の荒れっぷりで、すぐに断念しました。

一応踏み跡みたいなのはあるんですが・・その気で来ないと無理です。短パンで来た私が馬鹿でした。

島の人に聞いてみると、今はどちらもお参りする人はいない、とのこと。どうやら放置されてずいぶん経つようです。特に愛宕神社の方は、地震で道が崩れているとのこと。何十年か前に小学校の敷地から登ったという人もいましたが、その道もどうなっているか分からないとのことでした。

いつになるか分かりませんが、次回はしっかり装備を整えて行ってみたいと思います。

【神津島関連記事一覧】
http://kotori4126.jugem.jp/?eid=317


 

2017.09.11 Monday

スポンサーサイト


21:43 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kotori4126.jugem.jp/trackback/249

トラックバック

▲top