into the border

<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 神津島「よっちゃーれセンター」1F売店のサンドイッチとハンバーガー | TOP | ロールペーパーホルダーを改良 >>

2019.08.27 Tuesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | - | - |
2018.10.04 Thursday

神津島の集落・道祖神マップ

※最終更新 2018/09/20

前回書いた神津島の地図ですが、一旦区切りがついた感じなので公開しようと思います。

あくまでも個人で作ったものですので、役所や観光協会などの組織は関知していません。
断りなく転載・配布することは禁じます。個人でDLして使うのは問題ありません。
あと、この地図を用いた行動の結果生じた、いかなる現象にも私は責任を負いません。
罠を仕掛けているわけではありませんが。
 
意見等は当ブログのメールアドレス宛てに(kotori4126@outlook.jp)お願いします。
全体ではこんな感じです。A3での出力推奨で、出力時の縮尺は大体1/2900位です。
下の画像をクリックするとgoogleドライブで表示されるのでそのままダウンロードできます。
サイズはpdfでだいたい1MB、縦と横の2種類があります。




 
商店や食事、猿田彦大神をはじめとする道祖神と路地を中心に作成しました。A3での出力を前提に作ったので、それより小さいサイズだと使いにくいと思います。一部を拡大表示するとこんな感じです。


 民宿などは半数程が未記載だと思います。黄色で示した食堂関係に関しては、2013年9月現在での営業確認ができています(ただし閉まっていることが多い店もあります)。

半透明で書いている神社やお堂は参拝困難なもの、休業中の商店などです。
白い道路は車道、ピンクっぽい茶色は階段を含む歩道です。路地と言っていいと思います。路地に関しては全て歩いていますが、その中には私道も含まれている可能性があります。
 
車道のほとんどは一方通行(二輪を除く)で道幅も狭く、傾斜もきついことが少なくありません。軽自動車ですら通行が難しい場所もありますから、この地図の車道を過信しないようにしてください。正直、レンタルバイクが便利です。
 
 神津島の道祖神はほとんどが猿田彦大神ですが、地蔵もよく見かけます。この地図では凸印で道祖神を表現していますが、赤いのが猿田彦、紫のは地蔵や「道祖神」と記載のあるものを示しています。古いものが猿田彦と考えていい気もしますが、ちょっとわかりません。私が気付いていない賽神もまだ居そうです。
 
-----------------------------------------------------------------

2014/9/23追記:地図を少しだけ更新しました。
庚申堂へのルート一部確認
・100円ショップキャンドゥの追加
・道祖神一基追加
カフェYOKOMICHIの閉店
主な変更は大体こんな感じです。キャンドゥ出店で「まるはんはライバル出現だな」と思っていたら同じ人がオーナーだそうです。
2017/01/15追記:昨年分かったことをようやく地図に反映させました。
・スマイルカフェの追加
・おおどう2の閉店
・山長水産の移転先が分からないため一時削除
2018/09/20追記

・アイラナ(ハンバーガー)の追加
・HyugaBrewery=ヒュウガブルワリー(パブ)の追加
・ファミリア(宿・食事・バー)の追加
・スマイルカフェをパン工房潮彩に変更
・さわや(民宿)をさわやコルドンブルー(フレンチレストラン)に変更
・レインボーファーム(パッションフルーツのジャム、飴、ゼリーなど)の追加
・かちえ豆腐の休業
かなり店が増えてきて、観光客としてはかなり選択肢が増えた感じがします。

地図のダウンロードページURL
縦バージョン
https://drive.google.com/file/d/1I57Wqu_JHHJ5Ij94gz300HKeeNh9jSeh/view?usp=sharing
横バージョン
https://drive.google.com/file/d/1Mfkj-GeGwHvnBNDJhb2en2NNmybDlrzF/view?usp=sharing
【神津島関連記事一覧】
http://kotori4126.jugem.jp/?eid=317

 


 

 


2019.08.27 Tuesday

スポンサーサイト


00:00 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

▲top