into the border

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 京都の銭湯 錦湯 | TOP | 半僧坊真殿の千社札(後) >>

2013.02.11 Monday

半僧坊真殿の千社札(前)

 三河の方広寺に、半僧坊真殿というお堂があります。
ここはなかなか見所の多い濃密な場所なのですが、
そこに慰霊のためと思われる千社札があることに気がつきました。

千社札というのは、名前などを書き込んだお札のことです。
寺社で御朱印をもらったあと、許しを得てお堂や、特に山門などに貼らせてもらうことがあったようで、
千社札が残っているうちはそのお寺にこもって参拝し続けているのと同じご利益があるとのこと。
かつてはかなり愛好家がいたようです。

最近ではマナーの悪化などによって寺社側の対応も厳しくなり、かなり廃れた信仰・習俗です。

この柱に貼ってあるお札のうち、
ほとんどが海軍特攻隊の霊を慰めるもののようです。

「特攻」や自殺攻撃用のモーターボートである
「震洋」の字が見えます。



調べてみると、特攻隊の名前の入った千社札は全国的に見られるようです。
もしかしたら、海に近い寺社に多いのかもしれません。


【さかいめの記事一覧】
http://kotori4126.jugem.jp/?eid=174




千社札―二代目銭屋又兵衛コレクション




青幻舎
売り上げランキング: 430,617









2017.09.11 Monday

スポンサーサイト


22:53 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kotori4126.jugem.jp/trackback/204

トラックバック

▲top