into the border

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 尾道の銭湯・寿湯 | TOP | 尾道のレトロ銭湯・大宮湯 >>

2017.01.23 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | - | - |
2011.10.12 Wednesday

遠州・庚申寺の山門

 今では静かな境内の寺院ですが、江戸時代は門前町を形成し庚申信仰の拠点としてかなり栄えていたようです。

1796年に建てられたという山門には多くの意匠があり、栄えた当時の寺勢が伺えます。
鯱鉾の下には十二支が施されています。

屋根の四隅には庚申の寺らしく猿が配置されていました。
南東の隅には不見猿(みざる)。

ユーモラスな体つきです。

南西の隅には不云猿(いわざる)。


北西の隅には不聞猿(きかざる)。

これで三猿は揃いますが、北東には鬼門除けとして宝珠猿(ほうじゅさる)が居ます。

隣の民家二階の窓から見たら目が合いそうな感じです。

拝堂脇には役行者と思われる石像があり、近世の民間信仰を支えていたのが修験者であったという話を思い出させます。

庚申寺山門の場所はここ。


【さかいめの記事一覧】
http://kotori4126.jugem.jp/?eid=174


2017.01.23 Monday

スポンサーサイト


12:07 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kotori4126.jugem.jp/trackback/161

トラックバック

▲top