into the border

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2017.01.23 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | - | - |
2015.03.16 Monday

北海道の交通安全ステッカー

 北海道の交通安全ステッカーは今のところ以下の通りです。入植した人達が地元の神様を勧請することで、北海道には各地の神様が集まっています。

画像クリックで少し大きな画像に切り替わります。

月寒神社
車内から外に向けて貼るタイプのステッカーもありました。

伊夜日子神社
円型のタイプは金属ステッカーです。

札幌護国神社
小型の鳥居型ステッカーと、カエルが描かれた小型の樹脂盛ステッカーがあります。

新栄寺(札幌成田山)
大きな長方形のステッカーはマグネットタイプも用意されています。

手稲神社
マグネットタイプの楕円ステッカーですが、付属する同サイズの両面テープをマグネット部分に貼り付けることで粘着式のステッカーにもなります。

西野神社
狛犬が描かれた樹脂盛ステッカーには、マグネットタイプに変換できるように同サイズのマグネットが付属しています。カードサイズのステッカーもありました。

新琴似神社
紙垂の形をした樹脂盛ステッカーです。

発寒神社
紙垂の形をした樹脂盛ステッカーです。同タイプの新琴似神社のものと同じ大きさかと思ったら、一回り大きいサイズでした。

小樽住吉神社
下の二つは樹脂盛ステッカーです。

竜宮神社
小型の樹脂盛ステッカーに龍と神璽が描かれています。

烈々布神社
どちらも樹脂盛で、勾玉型の方は開運守です。

相馬神社
平岸にある相馬神社は、楕円形の樹脂盛ステッカーです。

北海道神宮
お守りとセットで授与されています。小型の樹脂盛ステッカーです。

画像一覧

【交通安全ステッカーの記事一覧】
http://kotori4126.jugem.jp/?eid=173


 

2014.09.01 Monday

交通安全ステッカーの記事一覧

「交通安全ステッカー」カテゴリ内の記事は以下の通りです。

東京都の交通安全ステッカー :現在109枚。数が多いので関東から独立させました。
http://kotori4126.jugem.jp/?eid=308

関東地方の交通安全ステッカー :現在67枚
http://kotori4126.jugem.jp/?eid=177

北海道の交通安全ステッカー :現在13枚
http://kotori4126.jugem.jp/?eid=344

東北地方の交通安全ステッカー :現在19枚
http://kotori4126.jugem.jp/?eid=304

中部地方の交通安全ステッカー :現在63枚
http://kotori4126.jugem.jp/?eid=167

近畿地方の交通安全ステッカー :現在50枚
http://kotori4126.jugem.jp/?eid=178

中国地方の交通安全ステッカー :現在35枚
http://kotori4126.jugem.jp/?eid=165

九州の交通安全ステッカー :現在19枚
http://kotori4126.jugem.jp/?eid=180


交通安全ステッカーのすすめ :ごあいさつ
http://kotori4126.jugem.jp/?eid=77

交通安全ステッカーを貼る場所 :どこに貼るか
http://kotori4126.jugem.jp/?eid=255

お札・交通安全ステッカー・お守り :お札とお守りの違い。交通安全ステッカーはどちらなのかというモヤモヤ
http://kotori4126.jugem.jp/?eid=183

交通安全ステッカーの改良とは :交通安全ステッカーのデザインの変更について
http://kotori4126.jugem.jp/?eid=78

金刀比羅宮の交通安全エンブレム :金属製のエムブレムについて
http://kotori4126.jugem.jp/?eid=108

今になってみると :気に入らなくて買わなかったステッカーについて
http://kotori4126.jugem.jp/?eid=116





 

2014.08.01 Friday

東京都の交通安全ステッカー

 東京都の交通安全ステッカーは今のところ以下の通りです。数が増えてきたので東京だけ別の記事として移動しました。

画像をクリックするともう少し大きな画像が開きます。

関東地方について、県ごとのリンクは以下です。
【東京都】   【千葉県】   【神奈川県】   【茨城県】   【埼玉県】   【群馬県】   【栃木県】
 
【東京都】

江北氷川神社
「災難退散守護叶」とあります。小さいものと併せて2枚セットです。

町田天満宮
奥行きを感じさせる雲紋が正方形に切り取られて、良いデザインだと思います。

総持寺(西新井大師)
お守り+同じデザインで小型のステッカー2枚とがセットになっています。都内では大変よく見かけるステッカーの一つです。

永昌院(皿沼不動)
円形の交通安全ステッカー二枚組(自動車用とバイク・自転車用)と、八角形の器具安全お守りステッカー二枚組(機械安全用と器具安全用)がありました。


小石川大神宮
大きくてシンプルなステッカーです。


尾久八幡神社
小さい樹脂盛ステッカーと、円形のステッカーです。


本龍院(待乳山聖天)
境内にケーブルカーがある珍しいお寺です。長方形のマグネットステッカーがありました。


千住神社
やや大きめの円形ステッカーと楕円形のステッカーがあります。
回転するえびす様がいらっしゃいます。

芝東照宮
樹脂盛ステッカーです。

浅草神社
漁師と僧侶が祭神だったり、招き猫発祥の地を疑われる場所の一つだったり、歴史がある神社です。楕円形の樹脂盛ステッカーがあります。


戸越八幡神社
白い樹脂盛ステッカーと、大きな銀色のステッカーとがあります。
銀杏の散る時期に行くのがとてもおすすめです。

天祖諏訪神社
樹脂盛ステッカーです。

荏原神社
旧東海道の風情が強く残る商店街の端にあります。

大井町鹿嶋神社
大きめの円形ステッカーです。

羽田神社
鮮やかな黄色の航空安全ステッカーと、オレンジ色の交通安全ステッカーがあります。海上安全のお守りもありました。

六郷神社
樹脂盛ステッカーです。

拝島山本覚院(拝島大師)
時折見かける角大師のステッカーです。こうした絵が入るだけでお札っぽく感じます。

拝島日吉神社
小さな再帰性反射材のステッカーだけがありました。
元三大師の拝島大師に隣接して護法の日吉神社は説得力のある組み合わせです。

新井山梅照院(新井薬師)
上段のステッカーは樹脂盛です。

新井天神北野神社
天神様の梅をあしらった二枚組のステッカーです。

沼袋氷川神社
交通安全の樹脂盛ステッカー(下)の他に、門や玄関の外に貼る為のステッカー(上)もありました。

鷺宮八幡神社

自由が丘熊野神社
樹脂盛の白いステッカーと緑色のステッカーとがあります。


天沼熊野神社
楕円の樹脂盛りステッカーと、最近とてもよく見る小型の樹脂盛ステッカーです。

東光山妙法寺
回転する大仏様で有名なお寺です。
樹脂盛ステッカーです。

金王八幡宮
宝物殿には鎌倉から勝手に担いできちゃったっていう立派なお神輿や、他にも算額などがあって面白いです。
楕円の樹脂盛ステッカーです。

目黒大鳥神社


慈眼院(澤蔵司稲荷)
仏法とソバを愛した狐の伝説があります。少し大きめの円形ステッカーです。

高円寺氷川神社
陸軍由来の珍しい気象神社を末社に持ちます。上の四角い必天気御守はステッカーではなくカードです。

阿佐谷神明宮
とても手入れの行き届いた境内でした。


諏方神社
日暮里・谷中の総鎮守で、線路脇の高台の上にあります。夏の大祭では夕焼けだんだん辺りから屋台が出て、とてもにぎわいます。

日比谷神社
小さな樹脂盛(ポッティング)ステッカーが沢山置いてありました。今は新橋にある神社ですが、かつては日比谷公園内に祀られていたそうです。

池尻氷川神社
反射素材に一対の狛犬をあしらったステッカーです。
同デザインでもう一色あったと思います。

根津神社
中にお守りの入ったプラスチックのエムブレムと
小さい樹脂盛ステッカーがあります。

不忍池弁天堂
小ぶりの円形ステッカーが二種類ありました。
裏手の髭地蔵も有名です。

五條天神社
再帰性反射材を使った小さな柔らかいステッカーです。
不忍池のほとりにある静かな神社で、性神の噂があります。

赤坂不動尊威徳寺
業者が異なると思われるステッカーが二種類ありました。

塩船観音寺

青梅成田山清宝院

勝沼神社

居木神社
右は金属ステッカーです。

目黒不動尊瀧泉寺
お守りとセットの扱いです。

品川神社
小さい長方形の樹脂盛ステッカーと、
千社札ステッカーがありました。
手水舎に千社札用の額があったり、
千社札に理解のある神社のようです。

御嶽神社
ヤマイヌ・オオカミ信仰で
知られる神社です。
秀逸なステッカーと
和紙ステッカータイプの
お札がありました。

靖国神社
やや小ぶり、プリズム加工にたっぷりと
樹脂が盛られたステッカーです。
さすがのこわもてぶりです。

乃木神社
楕円形の塩ビステッカーです。

明治神宮
お守りとセットになった交通安全ステッカーと、
お守りorキーホルダーとセットの旅行安全のものが
ありました。


立川諏訪神社
携帯電話用として勝守のステッカーもあります。
新しい狛犬ではまず持たない男根を、
ここの本殿前の真新しい狛犬は阿吽共に備えています。
狛犬の奉納が平成12年とありますから
男根を持つ狛犬としては知る限り最新のものです。
男根を恥として隠そうとする浅薄な潮流を歯牙にもかけぬ、
その健全さに頭が下がります。
私にとって色んな意味で特別な神社です。

国領神社


成田山調布不動尊
五大明王を表す梵字を書いてある
「追突除護符」の大小をメインにして、
小型の楕円ステッカーに加えて
さらに小型で、貼って剥がせる仕様になっている
「吉報来福」の布ステッカー、
そしてプリズム加工された
ハローキティのステッカーがありました。



鳩森八幡神社
自転車のホイールをあしらった長方形のステッカーと
小型の樹脂盛ステッカーがあります。
自転車用としてデザインされているステッカーは初めて見ました。
色はもう一種類、青があったと思います。

八津御嶽神社
コンクリート建築の神社で、靴を脱いで建物の二階で参拝します。
神社で山号を持っているのは極めて珍しいのではないでしょうか。

赤城神社
大きなコンクリートの社務所が印象的な神社。
カフェなども併設されています。
やや小ぶりの円形ステッカーと、
反射素材を使った矢羽根のステッカーでした。

善國寺(神楽坂毘沙門天)
神楽坂の目抜き通りにあるお寺です。

雪ケ谷八幡神社
小ぶりの樹脂盛ステッカーです。

市ヶ谷亀岡八幡宮


平河天満宮
山口の古熊天神と全く同じデザインかと思いきや、
こちらは五つの穴が開いていたり、若干大きさが違ったり、
他にも色々違いました。
一緒に社名入りのおいしいおせんべいを頂きました。


深川不動尊
富岡八幡に隣接するこちらも人気のお寺です。
ステッカーは車内から外に向けて貼り付けるもので、
糊面、つまり表は倶利伽羅剣にファイヤーパターンです(写真左側)。
車内には不動明王の御影が向くことになります(写真右側)。
通学安全として再帰性反射材を使った小型のタイプもありました。


堀之内妙法寺
地元に溶け込みつつ、地域外からも
多くの参拝客を受け入れている様子でした。
立派な金属製の門も印象的です。

八王子成田山(伝法院)
ここの塀は見ごたえがあります。

八幡八雲神社
やや潰れた円形のステッカーと
小ぶりの樹脂盛ステッカーです。

宝生寺
菊水紋をそのままステッカーにしています。

西蓮寺

高楽寺


井草八幡宮
とても大きな別表神社の交通安全ステッカーは
樹脂盛タイプでした。

荻窪八幡神社
金属ステッカーと小さな樹脂盛ステッカーです。

杵築大社
少し大きめの円形ステッカーです。
夏越の大袚の時だったので
シールタイプの切札も頂くことができました。

幡ヶ谷氷川神社

新宿十二社熊野神社
やや小ぶりなステッカーです。
八咫烏が結構リアルに描かれています。

烏森神社
カラフルな樹脂盛ステッカーです。
御朱印もカラフルなので人気が高いようです。
個人的には変わった鳥居が気になりました。

三鷹不動尊(井口院)
境内には大きな不動明王が睨みをきかせています。

元神明宮天祖神社
明らかに交通安全ステッカーとは毛色が違います。
和紙のような、凸凹した紙でできています。
社殿はコンクリートの建物の中にあります。

王子神社
十文字槍のデザインは春日局が槍を百本奉納したことに由来します。

大宮八幡宮
最近では都市伝説の舞台となっているようです。

井之頭弁財天
反射板タイプです。
井の頭公園内にあります。

笠間稲荷神社 東京別社
大きくて分厚く硬いプラスチック製です。
中にお守りが入っているそうです。
台紙に「交通安全エムブレム」とありました。


鳥越神社
金属ステッカーです。

波除神社
築地市場のすぐ脇にあります。

江東天祖神社
千社札のようなステッカーです。

下谷神社
江東天祖神社と同じタイプのステッカーです。
こうして見ると同じ業者が作ったのかと思いたくなりますが、
細かく見ると違う点が多くて判断できません。

下谷摩利支天徳大寺
アメ横に隣接したお寺の金属ステッカーです。

東向島白髭神社
「みちひらき」というお守りとしてとして置いてあります。
しらひげ神社はサルタヒコを祀るのでそういった商品になるのでしょう。
直径3cm弱の樹脂盛ステッカーです。

柴又帝釈天
金属ステッカーです。
帝釈天の縁日は庚申の日とされるため、猿の意匠になっています。
寺紋の菱形雷紋の旗を持って横断歩道を渡っているところでしょうか。

葛飾熊野神社
安倍晴明ゆかりの神社と言われるだけあってペンタグラムがデザインされています。
境内もきれいに五角形なのがとても素敵です。

素盞雄神社
4cmの小さいステッカーです。
お守りとセットでの授与になります。

鷲神社
大きな酉の市で知られる神社です。
上は旧デザインです。

虎ノ門金刀比羅宮


芝大神宮
ありふれた樹脂盛ステッカーです。

愛宕神社
出世の階段で知られる愛宕神社。
こぶりな菱形の樹脂盛ステッカーでした。

豊川稲荷東京別院
一般的な円形のステッカー(8cm)よりも一回り大きいです。
豊川稲荷で授与されていたマグネットタイプのものも置いてありました。


日枝神社

増上寺

代々木八幡宮

世田谷松陰神社
横3.5センチ程の樹脂盛ステッカーです。

花園神社
見世物小屋の出る酉の市等で有名な神社です。

神明氷川神社
交通安全ステッカーではなく「狛犬守」だそうです。
守りたいものに貼って下さいとのこと。
写真からでは判別できませんが、
神璽の押しが入って凹凸があり、凝った作りです。

玉川大師
雰囲気のある地下霊場があります。

布田天神社
購入の際に大幣(お祓いの時に振る棒)で軽くお祓いをしてくれたのが印象的でした。
黄色の部分がオレンジ色のバージョンもありました。

谷保天満宮
とても古い天神様らしいです。
鶏のいる階段を下って拝殿に向かいます。

大國魂神社
ヤタガラスをデザインしたステッカーもありました。


深大寺
だるま市で有名なので達磨のデザインと、実は採用例の多い角大師のデザインとがあります。
達磨の方は京王バスに貼られていることもあります。


牛島神社
珍しい三輪鳥居がデザインされています。
天神様ではないのに撫で牛があったりとなかなか謎の深い神社です。



池上本門寺
とてもシンプルなステッカー。
境内はとても広く、展望台や力道山の墓など見所も多いです。

多摩川浅間神社
小さめの樹脂盛ステッカーです。

穴守稲荷
かつてはとても大きな神社でしたが羽田空港建設に伴い移転しています。

等々力不動尊
お守り札とセットの授与になります。
不動さんはファイヤーパターンが使えるのが強みですね。


駒留八幡宮
例祭の時に通りかかって入手しました。

高尾山薬王院
金色は正月の枚数限定です。
普段はオレンジとグリーンが有ります。

神田明神
紙垂様のステッカーのほかに
情報安全守護というステッカーがありました。
三枚ひと組なのですが、カードサイズのものは
ステッカーではありません。


富岡八幡宮
ここは本当に種類が豊富です。
ここに出ている他にも色違いやサイズ違いがあり、
反射板タイプもあったように思います。
円形のステッカーは一番大きいもので直径15cm強あります。
写真の中で二番目に大きい円形ステッカーでも直径10cmで、一般的な円形のステッカー(8cm)よりもかなり大きいです。



関東地方について、県ごとのリンクは以下です。
【東京都】   【千葉県】   【神奈川県】   【茨城県】   【埼玉県】   【群馬県】   【栃木県】

関東地方の画像一覧

【交通安全ステッカーの記事一覧】
http://kotori4126.jugem.jp/?eid=173


 

2014.07.15 Tuesday

東北地方の交通安全ステッカー

 東北地方の交通安全ステッカーは今のところ以下の通りです。

画像クリックで少し大きな画像に切り替わります。

【青森県】


十和田神社
十和田湖の畔にある趣ある古社です。
占場と呼ばれる場所までの梯子がスリリングでした。

善知鳥神社
樹脂盛りの円形ステッカー。

岩木山神社
津軽国一宮。謎の多い神様を祀っています。
横長の樹脂盛ステッカーと、やや大きめの円形ステッカーがあります。


恐山(伽羅陀山菩提寺)
恐山の山門外にある売店で金属ステッカーが入手できます。

猿賀神社
大きな二つの池に広がる蓮がとても立派です。


【秋田県】

真山神社
男鹿のなまはげ館の隣にある神社です。
車内から外に向けて貼るタイプのステッカーです。

綴子神社
日本一の大太鼓祭りで有名な神社です。
境内の庚申塔婆が印象に残っています。
ややメタリックな円形ステッカーです。

三吉神社総本宮
太平山講や三吉講といった山岳信仰の総本宮です。
やや大きめの円形ステッカー。


【山形県】

鳥海山大物忌神社(吹浦口之宮)
鳥海修験の大きな根拠地の一つだったようです。
横長の樹脂盛ステッカー。

上杉神社
米沢城跡で上杉謙信を祀る神社です。

烏帽子山八幡宮
切れ目のない石の大鳥居はなかなかの迫力で、それをくぐって登りきると、赤湯温泉街の眺望が開けます。
八幡様お約束の鳩は正面からの姿です。

熊野大社
東北の熊野修験を支えた古社です。
白黒のタイプと、金地にざらつきのある黒い素材を乗せたタイプの二つの円形ステッカーがあります。


【宮城県】

秋保神社
ここの「子宝和合の神」は以前記事にしています。

西方寺(定義如来)
平家の落人伝説のあるお寺は彫刻がとても立派です。
門前街の「三角あぶらげ」は超お勧め。


【福島県】

王蜜寺(山本不動尊)
清流の向こうに見る奥の院がとても絵になります。奥の院そのものも沢山の奉納品で圧巻です。
やや小ぶり、六角形の樹脂盛ステッカーです。

八槻都都古別神社(やつきつつこわけじんじゃ)
他に陸奥一の宮として馬場都都古別神社と石都々古別神社がありますが、関係はよく分かっていないようです。
楕円形の樹脂盛ステッカーでした。

石都々古別神社
陸奥一の宮とされる神社の一つ。やや大きめの円形ステッカーです。
ここの狛犬は抜群にかわいいと思います。

常福寺(赤井嶽薬師)
赤井は閼伽井で、お水取りを思わせます。
円形の金属ステッカーです。

大正寺(中野不動尊)
地下霊場に大きな滝と、とても立派な場所でした。
ステッカーは二種類あります。


画像一覧

【交通安全ステッカーの記事一覧】
http://kotori4126.jugem.jp/?eid=173



 

2014.03.10 Monday

関東地方の交通安全ステッカー

 関東地方の交通安全ステッカーは今のところ以下の通りです。数が増えすぎたので東京都だけは別のリストとして独立させました。このすぐ下のリンクから移動可能です。

画像をクリックするともう少し大きな画像が開きます。

県ごとのリンクは以下です。
【東京都】   【千葉県】   【神奈川県】   【茨城県】   【埼玉県】   【群馬県】   【栃木県】
 
【千葉県】

松戸神社
金地に四神を描いた盾型ステッカーと、オレンジ色のマグネットタイプのステッカー、小型の樹脂盛ステッカーがあります。

下総二宮神社
黒いタイプはどちらも樹脂盛です。再帰性反射材の長方形のステッカーの他に、基本的な円形ステッカーもあります。

道野辺八幡宮
シンプルで大きい緑のステッカーです。

幕張子守神社
再帰性反射材使用のステッカーはお守りとセットでの授与です。

遠寿院



法華経寺(中山鬼子母神)
変化に富んだ広い境内を持つお寺です。猫が沢山居ました。


寒川神社
新デザインです。
かつてはオレンジ色で円形のステッカーでした。

稲毛浅間神社
かつての海岸線すぐの丘の上にあります。

検見川神社
もう一種類、祈祷を受けた人だけがもらえるステッカーがあります。

意富比神社(船橋大神宮)
小さな反射板のみがありました。
反射板は対象外ですが一応。
読みにくくて申し訳ないです。


千葉神社
妙見信仰で有名なところです。
お守りとセットになっています。

三石山観音寺
お守りとセットになっています。
山岳信仰の色濃いお寺です。

清澄寺
円形の樹脂盛ステッカーです。

香取神宮
楕円形の樹脂盛ステッカーです。

安房神社

誕生寺
「満願の鯛」が描かれているステッカーです。このステッカーも収集の大きなきっかけの一つです。
瓦を描いたステッカーと、小型の樹脂盛ステッカーもありました。



玉前神社
とても細い樹脂盛ステッカーです。

那古観音

登渡神社
正月に行ったところ、新年用のステッカーを頂く事が出来ました。

 
【神奈川県】

寒川神社
相模国一宮です。よく見かける金銀の二枚の他に、透明の樹脂盛ステッカーと、細長く、強力な磁石がついたマグネットタイプのステッカーがあります。


鶴岡八幡宮
プリズム加工されたマグネットタイプと、プラスチック製で中にお守りが入ったエムブレムがあります。エムブレムは色違いやマグネットタイプのものもありました。

建長寺半僧坊
プリズム加工された天狗の団扇です。

相模原氷川神社
大小の円形ステッカーと、小型の樹脂盛ステッカーがありました。

平沼水天宮
火伏で知られた神社のステッカーは錨を描いた樹脂盛ステッカーです。


伊勢山皇大神宮
国家神道の面影の濃く残る「関東のお伊勢さま」です。
プリズム加工が一部施されたキラキラしたステッカーです。

延命院(成田山横浜別院)
青いバージョンもあります。
交通安全だけでなく「八方除」とあるのが珍しいと思います。

鶴見神社
小ぶりの樹脂盛ステッカーが二種類あります。


萬徳寺
写真のものは「お札三点セット」として授与されているもので、左の二つは「鎮防火燭(火伏)」「立春大吉(厄除け)」の意味のシールで、門や柱の左・右にそれぞれ貼るお札です。一番右の福銭は財布などに入れてお金を呼び込むお守りで、これだけシールではありません。

神鳥前川(しととまえかわ)神社
由緒からヤマトタケルとオトタチバナヒメのイラストが入った扇形のステッカー(中央)の他、小型の円形樹脂盛ステッカー(下段左)、楕円の樹脂盛りステッカー(下段中央)、再帰性反射材の小型ステッカー(下段右)、鳳凰のイラストの入ったステッカー(上段)があります。
水に関連するステッカーは扇形が多いような気がしますが、気のせいでしょうか。

大山阿夫利神社
大山街道の行きつく先、雨乞いなどで知られた修験の山である大山は、神仏分離でこの神社と大山寺に分かれました。
円形の樹脂盛ステッカーです。


雨降山大山寺(大山不動尊)
円形の倶利伽羅剣ステッカーと、羽団扇をあしらった、プリズム加工されたマグネットがあります。石尊大権現の影はこちらの方が濃いような気がします。
三面大黒天の大きなお札など、絵の入ったお札もとても多いです。

川崎身代り不動尊(大明王院)
東京から神奈川付近ではとてもよく見かけるステッカーです。
右のステッカーは自転車などに貼ることをメインに作られているようです。

鵠沼皇大神宮
円形ステッカーの他に透明の樹脂盛ステッカーもあります。

柿生琴平神社
樹脂盛ステッカー(下段)もあります。

三宮比々多神社
小型の樹脂盛ステッカーと金属ステッカーがあります。

子易明神比比多神社
境内に立派な梛(ナギ)の大木があります。

三浦成田山(平和不動尊・旧出世不動尊
三浦周辺では結構見かけるステッカーです。安眠御守りも気になりました。

海南神社
まぐろで有名な三崎の、雰囲気の良い商店街の先にある神社です。この海上安全のステッカーは縦15cm強ある大きいものです。重要無形民俗文化財のチャッキラコの絵も描かれています。
交通安全ステッカーは二種類。千社札スタイルのものと、銀杏の葉のなかにまたもチャッキラコの絵がありますが・・・シンプル過ぎてちょっと怖い感じの絵に見えてしまいました。

鵠沼伏見稲荷神社
円形のマグネットステッカーと、
柔らかい反射素材の小さいステッカーがあります。
神主さんが「今はレッテルのやつは切れてしまっている」とおっしゃっていたのでマグネットではなく粘着のものも普段はあるようです。

溝口神社
透明なステッカーはかなり珍しいのではないでしょうか。
濃い色の車などに貼れば鳥居が白く浮き出る仕組みです。

丸子山王日枝神社

総持寺
曹洞宗の大本山の一つである総持寺には香積台の直営店と三松閣の白字会売店の二つの売店があり、ステッカーはそれぞれデザインが異なります。
下段は直営売店の新ステッカーです。


京浜伏見稲荷
境内に108の狐が座ったりまぐわったりしていました。


江島神社
楕円形の樹脂盛ステッカーです。
「八方睨みの亀」を浮き彫りにしたプラスチック製のステッカーもあります。


箱根神社

 
【茨城県】

筑波山神社
円形と楕円形の樹脂盛ステッカーがありました。


鹿島神宮
楕円形の樹脂盛ステッカーです。

 
【埼玉県】

大宮氷川神社
小さめな円形ステッカー。この他に、お守りが入ったプラスチック製の交通安全エムブレムがあります。

氷川女體神社
大宮氷川神社と同じく、氷川三社の一つです。もう一つの中氷川神社(中山神社)にステッカーは無いようでした。

箭弓稲荷神社(やきゅういなりじんじゃ)
対になる狐様がバラで授与されています。
片方だけ買う人、いるんでしょうか。
バットの絵馬やシールのおみくじなど、面白いものがあります。

前玉神社


玉敷神社

歓喜院(妻沼聖天山)
通常(8cm)より大きめのものと小さめのものとがありました。

安楽寺(吉見観音)
金属ステッカーでした。



總願寺(不動岡不動尊)


三峯神社
交通安全で紫色は結構珍しいと思います。

 
【群馬県】

五徳山水澤寺(水澤観音)
小ぶりな六角形のステッカーと、角大師の円形ステッカー、さらには円形のワッペンのような布製のステッカーと、やはり布のお守りを防水性の素材で覆い、裏に両面テープが付いているステッカーがありました。

板倉雷電神社
やや大きめな円形のステッカーです。
門前の「鯰の天麩羅」が美味しそうでした。

冠稲荷神社
新田義貞ゆかりの神社です。ステッカー自体は参拝者に無料で配布されています。その分をお賽銭に回させてもらいました。

貫前神社
上野国一の宮のステッカーはリアルさとかわいさの共存するカエルです。
参道を登ると、本殿がそこから下った先にあるという、変わった神社です。

慈眼院(高崎観音)



▽群馬番外
ジャパンスネークセンター(白蛇観音)
社寺ではありませんが、ジャパンスネークセンター内には蛇の供養のための観音様があり、売店ではそのステッカーを買うことができます。
売店では蛇がペンに巻きついた「商売繁盛」のステッカーもあります。蛇が一匹だけですが、カドゥケウスをモチーフにしているのかもしれません。


 
【栃木県】

古峯神社
日光修験の大きな拠点だった場所です。境内を見ると、現在も大きな信仰を集めていることがわかります。 交通安全祈祷を受ければ、金属製の交通安全エムブレムも授与して頂けるようです。


日光二荒山神社
下野国一の宮。東照宮が創建される以前から、修験道がきわめて盛んな場所だったようです。


今市瀧尾神社
今市の総鎮守。金属ステッカーです。


小山須賀神社
京都のえびす神社や、紀伊一の宮の日前宮のステッカーと同じようなシワが寄ったステッカー。素材が同じなのでしょう。


唐澤山神社
ムカデ退治で有名な藤原秀郷を祀る神社。駐車場周辺で夥しい数の猫にまみれることが可能です。
円形の樹脂盛ステッカーです。

多田賀茂別雷神社
眺めのいい場所にある穏やかな神社です。
呉の亀山神社と同じ、光沢ある素材の上にザラッとした素材が盛り付けられたステッカーです。


県ごとのリンクは以下です。
【東京都】   【千葉県】   【神奈川県】   【茨城県】   【埼玉県】   【群馬県】   【栃木県】

画像一覧

【交通安全ステッカーの記事一覧】
http://kotori4126.jugem.jp/?eid=173



 

2013.10.08 Tuesday

交通安全ステッカーを貼る場所

 寺社のステッカーはどこに貼るのが正解なんでしょうか。
このことについて考えてみましたが、少し長くなりそうなので、車に貼る場合の結論だけ、 先に書いておこうと思います。

車に交通安全ステッカーを貼る場所として一番無難なのは
「後部のガラス部分(そうでなくとも高い位置)」です。


2014/9/30追記:但し、例外として白い反射素材を使ったものは自動車に貼らない方がよさそうです。
(白い反射素材の話は一番下で補足したいと思います。)

興味ある方は以下、本文にお付き合い下さい。
****************************************************

 交通安全ステッカーを貼ろうと考えた時に、 何か正しい貼り方があるのではないかと疑問を持つ人が少なからずいるようです。 神仏を奉る人たちからすれば、お札やお守りは神様や仏様の分身ですから、 たとえ信心は薄くてもそういった人たちの気持ちを大事にしてステッカーも取り扱いたいものです。

ある神社の千社札ステッカーの台紙にあった記述。素材こそ他のシールと同じでも、神様の分霊という考えがはっきりと出ています。


 交通安全ステッカーを受け取る時、どこに貼るべきかを指示されることはまずありません。 まれに、「一年たったら新しいものと変えてください」と教えられることがある程度です。 私は九州の神社で「腰から上の高さに貼って下さい。」と言われたことがありますが、 貼る場所について指示されたのはこの一度だけです。
ただし、ステッカーと一緒に小さな説明書きが入っていたり、 台紙に取り扱いが書いてあったりするのはよくあることで、 以下の画像はそういった説明書きを集めてみたものです。ちょっと見にくい点はご勘弁を。

自動車後部とはっきり言及するものが多いですが、中には「後続車からよく見える所」と後部を示唆するに留める表現もあります。




貼る場所として自動車としか書いていないものや、自動車以外の場所が書いてあるものも時々見られます。


これらを見てみると「〜に貼ってはいけない」と書いてあるものは一枚もありませんでした。逆に、自動車の後部、さらには後部のガラス部分に貼るように指定するものは多くあります。
後部を指定するのはステッカーが追突防止の反射シールを兼ねることが多いからだと思われます。ガラス部分を推すのはお札を貼るときの原則、「高い場所に祀る」に従っているからでしょう。

こうした説明書きや今まで受けた指示、お札の祀り方などをまとめると、交通安全シールを車に貼る場合は「後部のガラス部分(そうでなくとも高い位置)」に 貼るのが最も無難だと思われます。 ただ、祀るのが高い位置であれば、貼っても貼らなくても(車外でも車内でも)問題は無いと思います。

バイクや自転車の場合はというと、貼る場所がどうしても低めの位置になりがちなせいか、自転車・オートバイといった大まかな表現の他に、細かい場所だとヘルメットを勧める記述が見られます。


 最後に、交通安全ステッカーとは違いますが、車の前方に授与品を祀る例を二つ挙げておこうと思います。

これはある島で何台か見た、お札をフロントに貼りつけている車です。 他の車だと、ガムテープでかなり荒々しく貼ってある車もありました。

島の人たちの参拝が絶えることのない美しいお寺がその島にはあるんですが、 お札はその寺院の百万遍のお札で、念仏が書いてあります。

これは金毘羅さんの交通安全エムブレムの台紙に書いてある取り付け方法です。 

これは構造的に前部に取り付けるように作られているので当然だとは思いますが、前に向かって貼るよう指示しているものは他に無いので紹介しておきます。

2014/1/6追記:フロントガラスは車検・点検のステッカー以外は貼ってはいけません。サイドガラスについても、運転席+助手席部分への貼り付けは禁じられています。ご注意ください。(追記ここまで)

 別の記事にも書きましたが、個々の寺社によってステッカーの扱いにはかなりの差があります。お札と同じように恭しく扱う所もあれば、売れない土産物のように雑に扱われていることもあります。ステッカーなんてどこに貼ったっていいよ、という所も正直ありそうです。そういった曖昧さ、決まりのなさが寺社ステッカーの面白みの一つなんですが、まとめようとするとただの情報の羅列になってしまうのが、難しい所です。細かいところは随時訂正していくつもりです。

2014/9/30追記:後部ガラスには原則としてはどんなステッカーであっても貼付可能ですが、「道路運送車両の保安基準」第42条の細目告示によると「反射光の色が白色である反射器であって後方に表示するものを備えてはならない」とあります。白い反射材のステッカーとして写真を見てみると深川不動の通学安全ステッカーがありました。

通常の白いステッカーではなく、白い反射材が使われています。通学安全ということでおそらくランドセルなどに貼り付けることを想定して作られているステッカーですが、これを自動車に貼り付けてしまうとまずいということです。抜け道的な手段があるかも知れませんが、白い反射素材は前部はもちろんのこと、側面にも貼り付けるのは難しそうです。さらに言うと、プリズム(キラキラ)加工されたものなどはどうなのかという疑問が湧いてきます。やっぱりまた警察に聞きにいくことになりそうです。(なかむらさんからのご指摘に感謝です。)

道路運送車両の保安基準 http://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_fr7_000007.html


【交通安全ステッカーの記事一覧】
http://kotori4126.jugem.jp/?eid=173


2012.10.22 Monday

お札・交通安全ステッカー・お守り

 交通安全ステッカーはお守りでしょうか。お札でしょうか。
そう考えてみると、私はお札とお守りの違いもよく知りません。
いい機会なので調べたことをざっくりまとめておくことにします。

広島県の銭湯に貼られたお札。
切札と呼ばれる一枚紙のもの。
木野山神社は岡山の狼信仰の中心地で、
近年では流行病などにご利益があるとされました。





 お札は木や紙に神仏の名前や姿、祝詞や経文、祈願内容などが書いてあるものです。
病気や事故といった災いを退けたり、 代わりに引き受けてくれるように祈祷されていることが多いようです。
お札の内、家や店などではなく個人を守るために持ち歩けるようになっているものを守札、
いわゆるお守りと呼びます。
身に付けるためにお札が簡略化、小型化されたものと言うことができそうです。

以上のことからお守りは広義のお札の一種、と考えることが出来ると思います。
お札とお守りをはっきり分けて並べる寺社もあり、それぞれの授与所まで分ける所がある一方で
神主・僧侶によっては両者をまとめてお守りと呼んでいたりと、
お札とお守りのさかいめについては寺社や、そこに仕える個人でも認識に違いがあるようです。

出雲大社の交通安全ステッカーは
左のお守りとセットでしか買うことができません。
お札が傷付きにくいようにビニールで覆い、
ぶら下げやすいように紐がついています。

 ここで最初の「交通安全ステッカーはお札かお守りか」という疑問について考えてみます。
複数人数が入る場所に貼り付ける、一枚物であるという点はお札に近く、
持ち歩く、ということと簡易な表記(大抵は寺社名と「交通安全」などの記載のみ)は
お守りに近いものと考えることができます。
両者の特徴を併せ持つ、グレーな性格が交通安全ステッカーにはあるようです。
ただ、寺社で授与するもので、お札のみを「伝統ある形式を守っている正式なもの」と狭義で括るなら
それ以外のもので祈祷を受けているならお守り、祈祷を受けていなければグッズ、と分けることができます。
この考え方でいくと「伝統的な形・素材ではないが祈祷を受けている」ということで
ステッカーはお守りと考えることができます。

憶測を重ねてみても、交通安全ステッカーがお札かお守りかという疑問は消化しきれません。
組織によっては厳密に規定している所があるかもしれませんが、
そういった組織以上の単位での共通の決まりが無さそうだからです。
最大勢力と思われる神社本庁ではどう考えているのか知りたくもあります。

 最初にお札を車に貼り付けたのが誰か、といった交通安全ステッカーの起源を探るのも楽しそうです。
瀬戸内をはじめとした関西の港では金毘羅様の旗をつけている船が多く見られますし、
全国的に見ることができる舟玉信仰も船の神棚と考えればステッカーを生む土壌となっているかもしれません。
記事にしたら面白いでしょうが、かなりの手間がかかりそうです。




2012/11/12追記:古い広辞苑を引いてみました。広辞苑では全く区別が無いように見えます。
参考までに広辞苑第三版より引用します。


おふだ(御札):神仏の守り札。護符。神符。

おまもり(御守)→まもりふだ(守札):神仏の霊がこもり、人を加護するという札。
社寺から請い受けて身に帯びたり門戸に貼りつけたりする。おふだ。おまもり。護符。

ごふう(護符・御符・御封):神仏が加護して種々の厄難から逃れさせるという札。
紙に真言密呪や神仏の名・像などを書いたもので、肌身につけ、また、飲んだり、壁に貼りつけたりしておく。
まもりふだ。護身符。護摩符。おふだ。

ごまふ(護摩符):護摩を焚いて、仏に祈って作った守り札。
 

【交通安全ステッカーの記事一覧】
http://kotori4126.jugem.jp/?eid=173


 
「お札」にみる日本仏教
ベルナール・フランク
藤原書店
売り上げランキング: 737818

2012.06.19 Tuesday

九州の交通安全ステッカー

 九州の交通安全ステッカーは今のところ以下の通りです。

画像クリックで少し大きな画像に切り替わります。

【福岡県】
宗像大社


太宰府天満宮
楕円形の樹脂盛ステッカーです。

住吉神社


若松恵比須神社
エビスさまの顔が入るだけでかなり和めるステッカーになっています。

小倉八坂神社
小型で楕円形の樹脂盛ステッカーです。

岡田宮

飛幡八幡宮
戸畑の祇園大山笠から幟大山笠(左)と提灯大山笠(右)を描いたデザインです。


香椎宮


櫛田神社
楕円形のステッカーが二種類ありますが台紙が異なり、
形も若干異なるので別々の業者に依頼しているのかもしれません。


筥崎八幡宮
大きめの円形ステッカーです。

志賀海神社
下段の「交通安全」普通のステッカーですが、
上段「海上安全」は分厚くややレンズ状にふくらんだプラスチックのプレートに、厚みのある粘着部分がくっついています。



【熊本県】
北岡神社


阿蘇神社


疋野神社
神紋を使ったタイプもあるのですが訪問時は在庫切れでした。

健軍神社
正方形の個性的なステッカー。

藤崎八旛宮
ひとまわり大きい円形ステッカーです。
小さい長方形のタイプもあり、どちらもなかなかのデザインです。




手取天満宮

【大分県】
宇佐神宮
デザインは同一ですが黒色のステッカーもお守りとセットで置いてありました。

【鹿児島県】
鹿児島神宮
こわもて感あります。
 


画像一覧

【交通安全ステッカーの記事一覧】
http://kotori4126.jugem.jp/?eid=173


 

2012.06.13 Wednesday

近畿地方の交通安全ステッカー

 近畿地方の交通安全ステッカーは今のところ以下の通りです。

画像クリックで少し大きな画像が開きます。

【大阪府】
愛染堂・勝鬘院
電話番号が書いてあります。

四天王寺
小ぶりなステッカーが二種類ありました。
それぞれ幅は5cmくらいです。

廣田神社
マグネットタイプのステッカーです。


大阪天満宮
楕円形の樹脂盛ステッカーです。

堀川戎神社
3枚組で数百円だったと思います。
黄色い縁に添ってシール部分はカットされていて、円形部分を貼るようにしてあります。
「金庫・ロッカー・通帳や店頭・自動車などにお貼り下さい。」の文言も珍しいです。

高津宮

生國魂神社
楕円形の樹脂盛ステッカーです。

法善寺(水掛不動)
四種類のステッカーがありました。
車に貼ることを前提にしていない気がします。



難波八阪神社
マグネットタイプです。
舞殿が巨大な獅子頭になっています。


【京都府】
狸谷山不動院
京都ではよく見かけるステッカーです。

伏見稲荷大社
二種類ともマグネット式ですが、
鳥居型は本殿脇で、楕円形の方は奥社でのみ手に入ります。


吉田神社
鬼のデザインは追儺からでしょうか。
江戸時代には大きな権力を持った神社だったようです。

平安神宮
とても小さなステッカーの二枚セット。
それぞれ横幅が4cm前後です。

交通神社

光明寺


大蓮寺
すごく個性的でいいと思います。
人助けに走り回っていた籏玄教というお坊さんがモデルとのこと。

熊野神社
東大路丸太町の熊野神社です。
プリズム加工されたマグネットタイプです。

下御霊神社

京都えびす神社
とてもめでたい感じのステッカー。

松崎山妙円寺

飛行神社
当然ですが航空安全のステッカーがあります。
ここではむしろ交通安全が少数派。

石清水八幡宮
五種類ほどの色違いを確認していますが、
売っていたのはこの一種類のみでした。
時期によって違うのでしょうか。

卯木山妙蓮寺
少し小さめのステッカーです。

城南宮

護王神社

上賀茂神社


下鴨神社

車折神社
円形のマグネットタイプです。

虚空蔵法輪寺
「安全無碍(あんぜんむげ)」とあるステッカーと境内の電電宮の「情報安全護符」です。
携帯電話やパソコンなどに貼ってくれという事のようです。

他にもかなり昔から携帯用のステッカーを置いたり、
携帯用の壁紙データ入りのmicroSD+SDカードアダプタ(両方ともプリント入り)を置いたりとお守り方面(?)では有名なお寺らしいです。

北野天満宮
四角い方はマグネットタイプのステッカーです。

晴明神社
全国的に愛されている交通安全ステッカーの一つです。
二枚セットで売られています。

六波羅蜜寺
菱形で正方形は珍しいです。
気持ち小さめなステッカーです。


大将軍八神社
京都では今のところ一番好きなデザインです。

石像寺(釘抜地蔵尊)
今でも強い信仰を集めるお寺です。
奉納された大量の釘+釘抜きは圧巻です。
思いっきり写り込んでしまってます。

祗園八坂神社
楕円形の樹脂盛ステッカーです。

首途八幡宮(かどではちまんぐう)
八幡宮のお約束、鳩ですが正面からのデザインは斬新です。

鞍馬寺

新熊野神社(いまくまのじんじゃ)


【奈良県】
春日大社
かわいらしい鹿のデザインです。
東京で見かけることも度々です。

談山神社
祭神の中臣鎌足がプリントされ、ホログラム加工が施された楕円形のステッカーです。
もう一つ、長方形の金属ステッカーがありました。

吉野神宮
プラスチックのプレートの裏に厚みと弾力のある粘着シートがついています。
赤いタイプもありました。
実はかなりお気に入りだったりします。

石上神宮
反射板とステッカー。
国宝の七支刀をデザインしたステッカーは黒もあります。
普段買わない反射板も小さい正方形でかわいらしく思えて購入しました。



【和歌山県】
根来寺
少し大きめの円形ステッカー。
中世には鉄砲戦術を得意とする僧兵たちの根拠地でした。

熊野本宮大社
海上安全の大きいステッカーと楕円形の樹脂盛ステッカーです。
海上安全ステッカーのデザイン、最高です。

熊野速玉大社
大小の菱形がセットになっています。
牛王宝印があしらわれています。

粉河寺
密教っぽいデザインです。

伊太祁曽神社

淡嶋神社
円形の金属ステッカーと、
樹脂盛された長方形の金属ステッカーとがあります。
境内の人形たちの量が尋常ではありません。
港町のにぎやかな神社で、猫もいたりと盛りだくさんの神社です。

日前宮

【三重県】
椿大神社
獅子頭をデザインした金属ステッカーと
お守りとセットでの授与となる通学安全のステッカーです。








画像一覧

【交通安全ステッカーの記事一覧】
http://kotori4126.jugem.jp/?eid=173

2012.06.12 Tuesday

中部地方の交通安全ステッカー

 中部地方の交通安全ステッカーは今のところ以下の通りです。

クリックすると少し大きな画像が開きます。

【愛知県】
上野天満宮
3.3cm程の小さいステッカーです。

那古野神社


八事山興正寺


熱田神宮
幾つかのカラーバリエーションのある楕円形の樹脂盛ステッカーです。

城山八幡宮
神社のステッカーらしからぬ珍しいデザインです。

成田山萬福院


御器所八幡宮


伊奴神社
犬がステッカーになっているのは珍しいと思います。

桜天神社
横3.5cmの小さいプラスチックのステッカーです。
表面にツブツブがあり、角度を変えると桜の花の絵が動きます。
こういった加工をレンチキュラーと言うそうです。

笠覆寺(笠寺観音)
反射板タイプですが変わった形なので購入しました。
古い街道の脇にある感じのいいお寺です。


津島神社


真清田神社
個性的な形のマグネットタイプです。

川原神社
マグネットタイプです。

砥鹿神社

豊川稲荷
やや小ぶり、楕円型でマグネットタイプです。

【岐阜県】
櫻山八幡宮
やや小ぶり、楕円型でマグネットタイプです。
キラキラしてます。

飛騨総社
四角いマグネットタイプです。
金色に輝いてます。

【新潟県】
弥彦神社
弥彦山を御神体とする
越後国一宮です。
楕円形の樹脂盛ステッカー(上)と、車内からガラスに貼りつけるタイプ(下)の二種類があります。

燕戸隠神社
樹脂盛ステッカーです。

青柴神社
散歩する家族連れが多かったせいか、とても暖かい印象の神社です。

宝徳山稲荷大社
現在でも大勢に信仰されているようで、建物がとても大きいです。
二種類の樹脂盛ステッカーがあり、カラーバリエーションも豊富です。

新潟白山神社

【静岡県】
富士見山達磨寺
だるまのステッカーです。ここはかなり授与品が充実していました。

沼津日枝神社
ベーシックな金属ステッカーです。

龍尾神社
駒形も、諸難消除の字も珍しいです。
ちょうど境内でお菓子を撒くところで、子供たちが集まっていました。

井伊谷宮
地元の方が出していたテントで美味しい恵方巻を頂きました。

奥山半僧坊方広寺
修験の寺。見所の多いお寺です。
真殿の千社札を記事にしたことがあります。
記事その1:特攻隊の千社札
記事その2:大鵬の千社札

伊豆山神社
歴史の古い神社。
参道がまっすぐ海を指して続いています。
下りきると伊豆山温泉の源泉『走り湯』があります。
樹脂盛ステッカーです。



三嶋大社
マグネットタイプです。
福太郎餅が見た目も面白く美味しいところです。

事任八幡宮
今はこじんまりとした神社ですが、深い歴史を持つ神社です。
小ぶりな楕円形ステッカー。

本興寺
鄙びた境内が印象的なお寺です。

小國神社

一乗寺
丹羽廉芳ゆかりの寺。
金属ステッカーです。

可睡斎
元々曹洞宗の大きな寺院でしたが、
神仏分離の際に秋葉山からここに三尺坊が移され、
さらに信仰を集めたようです。
円形ステッカーにしては珍しい樹脂盛タイプです。

慈眼寺

甚光寺大慈殿
交通安全ステッカーを集めるきっかけになったステッカーの一つです。


大井神社
小ぶりなステッカーです。

見付天神
人身御供の伝説の地。
小ぶりな楕円形の樹脂盛ステッカーです。

府八幡宮

浜松八幡宮

浜松五社神社・諏訪神社

秋葉山本宮秋葉神社
他に2種類ほどステッカーあり。

高塚熊野神社
他のステッカーに比べて表面が紙っぽい感じです。
やや小さめで、確か¥100だったように思います。
不器用なデザインがけっこう好きなステッカーです。
旧デザインです。


追記:2011年7月にデザインが変わりました。
ヤタガラスが旧タイプより強そうです。
八角形なのは旧デザインに沿ってのことでしょうか。

庚申寺
ここでも記事にしたことのある庚申寺のステッカーは
最近一番のヒット作です。

岩水寺

不動寺

細江神社
地震除・災難除付きは珍しいです。
二度の津波を乗り越えた御神体の由来によるものでしょう。

焼津神社
ちょっとユーモラスな獅子頭です。


【石川県】
白山比弯声
謎の多い菊理媛とゆかりの深い神社。
大型で樹脂盛の楕円形ステッカー。

【長野県】
雁田薬師浄光寺
味のある薬師堂や名水を擁するお寺です。
スラックラインが境内に設置されていて、楽しませてもらいました。美味しいお餅も頂きました。

信濃高野山勝徳院
代参にも関わらず色々丁寧な説明の上、祈祷までして頂きました。
錫杖と剣菱の入ったデザインです。

穂高神社
小ぶりの樹脂盛ステッカー。

新海三社神社


放光寺
楕円形の金属ステッカーです。

深志神社
長方形で透明の樹脂盛ステッカー。
2010年に従来の菱形ステッカーからデザインを変更したとのことです。

長福寺


生島足島神社
変形楕円の樹脂盛ステッカー。

北向観音

佐良志奈神社
長方形の樹脂盛ステッカー。

仁科神明宮
ここでは式年造替がずっと行われていましたが1636年を最後に行われなくなり、そのことで残る古い社殿が国宝に指定されています。
うすく柔らかい反射ステッカー。

善光寺
御開帳の時に買ってきました。

元善光寺

前山寺
典型的な反射板タイプですが、なぜか買ってしまいました。

【福井県】
氣比神宮
四角に金色、バランスのとれたデザインです。

常宮神社
金属ステッカー。

中部地方とひとくくりにするにはあまりにも広い地域ですが、強引に一つにまとめてしまいました。
数が増えてきたら分けるかもしれません。

画像一覧

【交通安全ステッカーの記事一覧】
http://kotori4126.jugem.jp/?eid=173


 

▲top